銀行別おすすめカードローンを知りたい!

銀行カードローンについて - 銀行別おすすめカードローンを知りたい!

銀行別おすすめカードローンを知りたい!

銀行カードローンについて

大きく分類するとカードローンは、銀行が提供する銀行カードローンと消費者金融・信販会社と言った銀行以外の金融機関が提供するカードローンの2種類です。
共に融資限度額の範囲内で自由に借りられますし、分割返済ができるなど主な特徴は同じです。
ただ改正貸金業法の施行によって銀行カードローンの方が借りやすいと言うイメージがついて注目されるようになりました。
利用を検討する際には銀行カードローンの特徴を理解して比較してみるのも良いかも知れません。

消費者金融系のカードローンと比較して銀行カードローンは、下限と上限共に低い水準になっているので低金利で借り入れが可能と言う特徴があります。
その為に、返済時の利息が少なくて済み返済の負担が少なく利用できるのです。
また銀行にもよりますが高額の借入限度額を設定できるカードローンがあって、消費者金融系のカードローンよりも大口融資に対応できると言った特徴もあります。

このように低金利で借入限度額が大きいなど借り入れ条件が良いため、銀行カードローンの審査は厳しくなっています。
しかし消費者金融系のカードローンと違って、本人に収入がなくても配偶者に収入があると利用できるカードローンもあります。
つまり、しっかりと返済が可能なら専業主婦でも銀行カードローンは利用できるのです。

消費者金融系と銀行では適用される法律が違うので融資条件に違いがでてきます。
特に注目したい点は、消費者金融系は貸金業法と言う法律が適用されるので、年収の3分の1までの借入しかできない総量規制が適応されます。
しかし銀行は銀行法と言う法律が適用されるので、総量規制の対象外になって年収の割合などの制限を受けることはないのです。
ただ、返済能力を重視して融資限度額を決定するので、年収の3分の1を超えても必ず借りられるわけではありません。
また、無理な借入をすることは無理な返済につながるので、対象外であっても総量規制を意識することは必要かも知れません。
このような特徴が銀行カードローンにあることを理解して利用を検討すると良いでしょう。